2018年 1月 diary

 

 

1月12日(金)新作のバック

仙台は今朝、-4度の最低気温の予報が出てブルブルでしたが今は晴れてイイお天気。週末はまた寒気が来ると言っていましたが大雪にならないと良いですね~。

明日と明後日の週末2日間はセンター試験だしドキドキですよね。昨日、天気予報を見ていた息子①が「毎年センター試験の時ってお天気が荒れるよね、毎年荒れるって分かってるんだから日にちを変えるとか何とかならないんだろうか。受験生がホント大変!」とポツリ。同感、同感。ホントどうにかならないのかしら?

受験シーズンが本格的に到来し、お家の中も緊張感に包まれる日々をお過ごしの方も多いと思いますが、見守り隊のご家族はどうぞご本人と普通に接してあげてくださいね。 家に受験生はもういないのだけど、センター試験の声を聞くとドキドキが蘇ってきて応援せずにはいられない気持ちになります、過剰反応だ(笑)

全国の受験生、ガンバレ~!

 

さてそれでは、新作バックをご紹介します。

コチラは横26×縦34のマチ無しバックです。数年前から小さいバックが欲しいと言われることが多くなってきましたので、2018年は小さめバックからスタートしてみました。

グレーの牛革とベージュの牛革の組み合わせの本体に、ウエストベルト風のダークブラウンのショルダーベルトを付けたので大人っぽく見えます。内側の生地は今年初使用のコーヒー豆の柄。シックなんだけどオシャレ感が漂って見たら思わずホッコリしちゃいます(笑)女性の方はもちろんですが、男性の方が肩に掛けてもお似合いだと思います。

肩に掛けた時のベルトの納まりが良い感じで、収納もたくさんだからサイドバックを折りたたんで潜ませておけば、急なお買い物にも対応できますよ。

このグレーの牛革がホントにカッコイイので実際に見て頂きたい作品です。

 

 

 

そしてコチラのバックは横長タイプのバックで横42×縦28×マチ12のサイズ。

写真で見ても光っていますね~。うふふ。実際の革は光沢が強いのではなくキラキラしています。そういう加工なんです。そして革はバッファローカーフ。バッファローは水牛の革で、カーフは生後6か月以内の仔牛の革という意味です。だからビックリするほど軽いのです。コチラのショルダーのベルトも長めで肩の納まりがとても良いです。

キラキラしているけれど派手にならぬようにデザインし、品位を感じられるように一枚革で仕上げてあります。そして少しだけスタッツを付けてアクセントにしています。A4サイズの書類や雑誌も入りますのでお仕事用でも持っていただけると思います。

 

今もうひとつ新作バックに取り掛かっていますが、準備が整い次第ギャルリアルプルさんに納品の予定ですのでお出かけの際に立ち寄ってみて下さいね。ヨロシクお願い致します。

 

 

 

 

1月6日(土)2017-2018

寒中お見舞い申し上げます。

2017年はたくさんの方々にお世話になりありがとうございました。

2018年もどうぞヨロシクお願い致します。

 

喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます。

  

2017年のご挨拶も出来ぬままバタバタと新年を迎えてしまいましたので、改めまして2018年もどうぞヨロシクお願い致します!皆様に2018年もたくさんの幸せが訪れますように~。

 

ということで2018年がスタートしましたが、2017年と変わりなくもがきながら過ごしております。年末には時間があれば大掃除か、整理整頓か、作業をしているという何とも気忙しい毎日を過ごし、喪中ということもあって自宅で静かに過ごす予定が、夫の仕事の加速度が増し自宅での仕事を余儀なくされたため、静かどころかある意味緊張感のある年始を過ごすことになりました。当然ながら主婦であるワタシは家事全般と作業の両立に励み、励み過ぎて自分のペースではない進行状況にぐったりしてしまいました。お正月の主婦はホント大変だと心の底から思います、家事担当の皆さま、本当にお疲れ様でした。それにしても成人男3人って過酷~!超過酷~!

 

年末年始の忙しい時、しかも絶対外出しなければならないって時に限って積雪に見舞われるという仙台。

用事の前に車の雪下ろしからスタートするという確率が高過ぎ!(心の叫び)

外出先で対向車がスリップして一回転するのを目の前で目撃して背筋が凍りました。巻き込まれる寸前でしたけど車も運転手もそれほどのダメージではなかったので大事に至らなくて良かったと思います。

雪の日の車の運転はいつも以上に気を付けていきましょうね。

 

 

 

2017年もたくさんの皆さまから注文を頂きまして心から感謝しております。

結局、年末ギリギリになってしまった作品もあって本当に申し訳なかったです。待っていて下さった皆さま、とてもありがたかったです。ありがとうございました!

黒革バックはオール山羊革。光沢があってシボ加工のある山羊革とマットな山羊革のコンビで収納たっぷりなバックです。肩掛けは短めだけど背中で斜めにかけてたくさん使って下さいね。

小物も年末年始にいっぱい作りました!昨年お客様のご要望にお応えして初トライしたポーチはサイズが定まらなかったけど(笑)思いの外、皆様に受け入れてもらい無事に定番サイズを決めることができました。ご協力に感謝しています、ありがとうございました。

1人で制作する関係上至らぬ点も多々あるかと思いますが、今年も心を込めていっぱい小物を作りますので温かく見守って下さいませ(笑)褒めて伸びるタイプなので、ヨロシクです(笑)

 

2017年、フジワラメグミ作品に出会って下さったすべての皆様に心から感謝申し上げます。

それから神奈川のミルフィオリさんで作品に出会って下さった皆さま、仙台のギャルリアルプルさんで作品に出会って下さった皆さま、ギャラリードットで作品に出会って下さった皆さま、杜の都のクラフトフェアで作品に出会って下さった皆さまにこの場をかりて心より感謝申し上げます。 本当にありがとうございました!

革の魅力をお伝えできるような作品を真摯に作っていきたいと思っていますので2018年もどうぞヨロシクお願い致します。

 *フジワラ メグミ*